今日の「稚譚・奇譚・恥譚」

最近の記事

4月25日(土)-「アナログ人間」と「デジタル人間」-

 この度、「地上」の「デジタル人間」が、大酒を喰らって酩酊状態になり、公園で素っ裸になって絶叫し、警察沙汰となった。

 そもそも「アナログ=analog」と「デジタル=digital」の違いは、如何様なものか。前者は、ある量を連続で変化する指標(目盛りの位置や長さ等)で表すことを指し、水銀体温計や長・短・秒針のある時計、車のスピードメーターが思い浮かぶ。

 後者は、ある量を数字で表すことを指し、体温や時間、速度などを数字で示す。さらに言うと、コンピュータの世界は全て0と1の2つのデジタル信号を組み合わせて情報を表現するもので、例えば音波を数字化(デジタル化)して「010111」とか「1111001」のように変換し、受信機(テレビなど)で数字を元の波形に戻し、音波を復元する。「デジタル」は2進数で0と1を無数に並べることが可能で、音や色、映像の情報を正確でクリアーに、そして無限に伝達できる。

 ある書き物によれば、「何事も感性に従いアバウトに行動するのがアナログ人間、一方、うやむやな回答が嫌いで答えをハッキリさせて効率よく行動するのがデジタル人間」となる。

 酒にも自信のあった「つよし」君は、芸能界の優等生ということで、さぞかしストレスが蓄積していたのであろう。他人が根掘り葉掘りと詮索すべきではあるまいが、五十歳を真際にしても粗相や素行不良の耐えない小生にしてみれば、この騒動はそんなに騒ぎ立てる種のものでない。二十や三十の齢(とし)で泥酔し、意識がとび、街中なんぞを意味不明な大声でチドリ歩いた事の無い人間の方が希少であろう。未明の絶叫で、平和な住民の春眠を妨害した事実は、咎(とが)められてもしかたあるまいが、「逮捕」はやり過ぎか。「闇夜に烏」か「闇夜のつよし君」かは知らぬが、周りは薄暗闇で、警官以外の人も居ず、とても「公然」では無かった。酒での1度や2度くらいの失敗は、人間なら誰にでもあることだ。この程度で「逮捕」されたら、酒もオチオチ飲んでいられない。

 ストレスの種類にも因(よ)ろうが、酒での解消は大目に見てもらいたい。根掘り葉掘りだが、連れの者や居酒屋、BARの関係者がもっと気を利かして欲しいものだ。暫らく寝かすだとか、迎えを呼ぶなど、庶民がよくやる手である。どちらかと言うと、泥酔状態で一人ぽっちで徘徊していたことのほうが、不思議である。嗚呼、哀しいかな「芸能人」。

 酒が半端に「つよし」君も、嬉しいかな、小生ら「焼酎喰れ」と同じ「地上」の「アナログ人間」であったことが、証明された。復帰後は、新たな芸の境地を開拓することを、切に願う次第である。



 

4月25日(土)-「アナログ人間」と「デジタル人間」-2009年04月25日【24】

4月15日(水)-「東京の贅沢」

 東京での贅沢も人それぞれであろうが、小生の「贅沢」を一寸。まずは飛行機の座席であるが、行きは富士山の見える左列窓側を早々にネットで抑えなければモッタイナイ。「富士には月見草がよく似合う」のフレーズで有名な「富嶽百景」の太宰治(1909-1948)が上空から富士山を見たかは知らないが、誰にとっても、そしていつどこで、どうあろうと、「不二山」である。
 準備(用意)万端ととのって羽田空港に着いたら、まずは空港ターミナル内の「靴磨き屋」を訪ねることだ。福富太郎氏(1931年生まれでキャバレー「銀座ハリウッド」で有名)の言うように、仕事以外の靴は上等であってはならないが、きちんと磨かれていなければならない。10分弱の時間で600円。幸先のよいスタートが切れそうで、それになんだかリッチな気分になれるから、高いとは思わない。
 ホテル選びも重要である。東京と言えば、「東京タワー」である。ネットを駆使してタワーが見えるホテルと部屋を、それも格安でゲットしなければならない。先週宿泊した「インターコンチネンタル東京ベイ」(港区・竹芝)は22階の広々とした3人部屋が23,300円(一人1泊7766円)で、ライトアップされた「東京タワー」がバッチリ拝観できたから嬉しい。ホテルに着くと、20階のラウンジではフリーのドリンクと軽食のサービスがあり、朝食も付いてのこの料金である。宮崎の○○○○○・45や○○観光○○○でも1万円を下ることはないから、東京でしかもこの時期の料金としては、やはり格安であろう。東京ベイは東京湾に面しており、アクセスが不便かと思われるが、JR浜松町駅から徒歩8分と許容範囲内である。
 名所・旧跡や美術館、展覧会などは事前に情報を入手しておき、必ず1ヶ所は足を運ぶ。たとえば、竹橋の「東京国立近代美術館」や上野の「東京芸大美術館」、東京駅(京橋)の「ブリヂストン美術館」、「浅草寺」、港区・高輪の「泉岳寺」(1612年家康が創建、四十七士の墓所)、上野の「鈴本演芸場」など・・・。今回は「東京国立近代美術館」と「山種美術館」が近い皇居・千鳥ヶ淵の満開の桜を堪能させてもらった。遠目に花枝が淵の水面に着いてしまいそうな桜群と高層ビル群が不思議とマッチしているのが、エクセレントであった。
 帰りの飛行機は最終便でないといけない。行きとは逆の右列窓側を選ぶ。スペースシャトルには遠く及ばないであろうが、離陸間もない京浜一帯やはるか眼下に見える名古屋の夜景は見飽きることがない。夏季の夜に見られる富士山の稲光は恐れおののく絶景である。運がよければ、能登半島辺りの稲光まで見れるから、なんとも神秘的である。
 東京での東京でしか味わえない「東京の贅沢」について能書を並べてみたが、ハッピーな旅にするにはそれなりの努力も必要である。出発の4~5日前から、肉類など高カロリーな食物は避け、酒量もいつもの半分に慎み、体脂肪は最低でも2キロ搾(しぼ)っておく。そうすれば旅の愉しみは倍化、3倍化すること請合いである。




4月15日(水)-「東京の贅沢」2009年04月15日【23】

4月13日(月)-「憩いの銀座」

 大学を終了し、晴れの獣医師となって「花の御江戸」へ出たのが、25年前の3月末であった。24歳の時である。新研究室員が最初に任される「仕事」はというと、テレビでよく見かけるかの「上野の桜見」の場所取りである。小生もやらせられたひとりである。東京の雰囲気にまったく慣れていない時分の「場所取り」に、他者との気後れを痛感した。それでもあの独特で威容な「大祭」に酔いしれたのも事実で、いまだ記憶に新しい。
 動物病院は春から初夏が忙しい。フィラリア予防や予防注射が集中するからだ。診療体制の変更と延長もあり、ラジオ収録の準備があり、おまけに今年は娘の大学入学がかさなり、追撃ちをかけた。この「親仁ギャグ」も随分とサボってしまった。先週の6~8日、2泊3日で上京し、久々に「東京見物」ができた。
 「花の御江戸」・東京は日本人にとって、特別な「街」である。鮨や天麩羅をはじめ食の名店あり、数々のデパートあり、美術館あり、名所・旧跡あり、寄席あり・・・・・、東京は愉快だ。その中でも「銀座ぶらり散歩」はこの桜咲き散る時分、まことに爽快である。小生も上京の折には必ず銀座をぶらりと散策する。時間があれば銀座2~8丁目界隈を3周も4周もする。もちろん徒歩である。
 最初は2丁目、中央(銀座)通りの「トラヤ帽子店」。新作のパキラを求め、その場で被(かぶ)れば脚も軽やかになる。この「トラヤ」はいつも5分も居れば用が足りるから、出鼻(端)として助かる。
 しばしの銀座物色の後、小腹が空いたら7丁目、中央(銀座)通りの「ビアホール・ライオン」が好い。この4月で75周年というから、1934年(昭和9年)の創建で、内外観も味も「昭和浪漫」あふれる名店である。池波正太郎(1923-1990)のエッセイにもたびたび登場する、なんといっても「ビールの泡」が旨い店だ。「ソーセージ・セット」、「ナポリタン・スパゲティ」、「キャベツ酢漬け=ザウアークラウト(Sauerkraut)」が所望だが、脂の少ない「ステーキ」も噛み応えがよろしく、肉本来の味がする。弄(いじ)り回して食味を喪失させた創作料理を良しとする、かりそめな料理人は是非「ライオン」へ足を運んで改心してもらいたい。銀座だからとは言っても、いつも満席で驕(おご)りのない心地よい慌ただしさが心を鎮めてくれる摩訶不思議な空間だ。
 ほろ酔い気分で散策を再開する。不景気の為か、一頃の銀座と違って裏通りの人と車の数量が少ない。仕込み中の時間帯なのに有名鮨店も戸を閉め切っていて、いつもの活況が伝わってこない。画廊もそうだ。バブル時の銀座の画廊数は400~500店とも言われ、バブル崩壊後は半減した。今は、もっと減っているであろう。7丁目の「ギャルリーためなが」も今年で40周年という。「ベルナール・ビュッフェ展」が開催されていた。「ためなが」といえば、あの荻須高徳の鑑定で有名だが、ビュッフェ(仏、Bernard Buffet、1928-1999)とも家族ぐるみでの親交があったことをはじめて知った。100号を超える大作も数点あり、堪能できた。銀座に画廊が犇(ひしめ)く時代の再到来を夢見たい。
 今回の最後は7丁目、外堀(西銀座)通りの「銀座 和蘭豆(ぎんざらんず)」である。ここは亡き岳父とよく咽喉を潤した場所だ。小生の定番はアイスコーヒーか顔にも似合わないクリームソーダである。夜にもなると和服姿や視線を逸(そ)らしたくない美貌・美脚の「夜の蝶」が拝見できるから嬉しい。しかしだ、皆にスケベーな殿方が(いや失礼「夜のダニ」のほうが言い当てていようか)付着しているから悔しい限りだ。
 二十数年前、超貧乏学生だった小生は3年9ヶ月で1回だけ銀座に行ったことがある。内科研究室の先生の結婚式が確か帝国ホテルであり、帰りしな恩師の教授に「ライオン」でビールを奢ってもらった。それだけに銀座は懐かしいところであり、憬れでも目標でもある。  
 


4月13日(月)-「憩いの銀座」2009年04月13日【22】

[1]    «    221  |  222  |  223  |  224  |  225    »    [229]

- 管理用 -

最近のギャグ

月別ギャグ